箱も色々な形があります。
これはちょうつがいが付いたフレンチスタイルです。
家のインテリアは茶系が多いので、この茶の花柄はしっくりきます。
c0179308_1532087.jpg

[PR]
# by sd-cartonnage-y | 2008-09-07 15:03 | カルトナージュ

原宿陶画舎

原宿陶画舎に6年通い
アドバンスポーセリンエキスパートという資格を取得しました。

c0179308_715938.jpg



c0179308_724934.jpg



ポーセリンは奥が深い!
ここからが新たなるスタートなのです。
今は布の世界にどっぷりはまっているので、絵の世界はひとまずお休み中です。

毎年3月に陶画舎展に自由制作の作品を出展しなくてはいけなく
一年生もベテランもです。
毎年頭を悩ませていました。
なぜならLA VIE EN ROSEにもあるように、花、特にバラが大好きだから…です。
なによりもバラは描くのが一番難しい!
無謀にも私のバラへの挑戦は6年続きました。。。

このお皿は4年目だったかな?
色はヴィンテージモーブ。
大きい画像だとおはずかしい…ですが。
c0179308_10192884.jpg

[PR]
# by sd-cartonnage-y | 2008-09-06 10:05 | ポーセリン

丸箱は時間をかけて、丁寧に作らなければなりません。
その時間をかけることにより、美しいまん丸になるのです。

今回は、う~ん…ちょっと失敗気味!
でも布はお気に入りのモーブ色です。
そして直径22cmなのでいっぱい入ります。

c0179308_1793586.jpg

[PR]
# by sd-cartonnage-y | 2008-09-05 17:10 | カルトナージュ

フリルクッション

色々なタイプのクッションを作っています。
中でもこれは一番ラブリーなクッション。
ベッドにおいて、お得意のシリーズ化しようと思ってます。

またまたローラアシュレイの布です。
カルトナージュではカーテン用の麻を使い、
寝具類にはコットンを使います。

このクッション、作業時間がかかるのが難点!
なにしろ手間がかかるのです。
薄紫のチェック柄でパイピイングを作ったり、フリルを作ったり…で!
でもその分出来上がった時のうれしさは一入♪
c0179308_14421562.jpg



c0179308_1443571.jpg

[PR]
# by sd-cartonnage-y | 2008-09-04 14:44 | ソフトファニシング

随分前に作り、母の所にお嫁入りしました。
同じ布でシリーズ化すると、ぐぅ~んとお部屋も素敵になるでしょう!
c0179308_18341756.jpg

[PR]
# by sd-cartonnage-y | 2008-09-03 18:43 | カルトナージュ